正しい睡眠とメラトニンの関係性についての調査結果を報告します

メラトニンとは快適な眠りに入るために体から分泌される睡眠ホルモンのことです

 

夜、貴方が眠くなってマットレスに横になったとしましょう
うとうとした状態で、とても気持ちの良い状態
こんな時にメラトニンが分泌され始めているのかもしれません

 

メラトニンが正しく分泌されれば、気持ちの良い深い睡眠状態を
保つことができますので、気づいたら朝になったというような最高の
睡眠をとることができます

 

私も最近は午後10時過ぎには、眠くなり、メラトニンが順調に分泌されることで
朝までぐっすり眠れることができ、朝起きると体の疲れなどがしっかりとれるようになりました

 

その際に重要なのは、規則的な生活を続けることが大事です
なぜなら、体の中にはある体内時計が一定に保たれていないと
このメラトニンの分泌があまり効果的に行われないことが多いからです。

 

また、使用しているマットレスが硬すぎたり、柔らかすぎたりして
体に負担をかけていると、分泌されないケースもあります。

 

そんな時に雲の安らぎ マットレスなど体を十分に受け取りながら
気持ちよく眠れる最高のマットレスを使用してみるとさらに良いでしょう。